庄原市の小学校の教諭が、自身が勤務する校内の更衣室を兼ねた部屋に侵入し、カメラを設置した疑いで逮捕されました。


建造物侵入と県迷惑防止条例違反(盗撮準備行為)の疑いで逮捕されたのは、庄原市立の小学校教諭の男(27)です。


警察の調べによりますと、男は更衣室を兼ねた部屋に侵入。9日午前7時半ごろから翌日の正午前にかけて、この部屋の壁に小型カメラを設置した疑いがもたれています。

調べに対し、容疑を認めた上で、「指導が目的だった」などと話しているということです。