4連勝で首位に浮上し、ホーム・マツダスタジアムに戻ってきたカープ。2位ヤクルトとの首位攻防、金曜日の初戦は雨のため水入り。仕切り直しの土曜日の試合、先発は森下でした。

その森下、立ち上がりの初回に連打とフォアボールでワンアウト満塁のピンチを招くと、5番・中村にタイムリーを許し、1点先制されます。

さらに続く満塁のピンチでしたがここは青木をダブルプレーに仕留め、何とか1失点でこの回を切り抜けます。

その後も森下は毎回のようにランナーを背負いますが、5回には東京六大学野球で森下としのぎを削った同級生の中村健人がヤクルト・太田の大きな当たりをライトフェンスにぶつかりながらナイスキャッチ!守備で森下を助けます。

するとその裏、5月に入って打撃好調、先頭打者の6番・小園がスリーベースヒットで出塁すると、続く打席は先ほどファインプレーの7番・中村健人。くらいついた当たりはレフト前へのタイムリーヒットとなり、同点に追いつきます。

さらにこの日、1000試合出場を果たした8番・田中広輔がヒットでつなぎ、ワンアウト1・3塁の場面で、1番・大盛。タイムリーとはなりませんでしたが、内野ゴロの間に2対1と勝ち越しに成功します。

直後の6回、踏ん張りたい森下でしたがヤクルトの4番・左打者の村上に、逆方向のレフトスタンドに入る手痛い一発を浴び、2対2の同点に追いつかれます。

めまぐるしく試合の流れが代わる中、その裏、今度はお返しとばかりに5番・坂倉が右中間スタンドに放り込み、再びカープが1点リードに成功します。

結局森下は7回を投げ、ヤクルト打線に10安打を許しながらも粘りの投球で2失点にまとめ、最後をリリーフに託します。

しかし、またも8回が鬼門となりました。

2番手で登板した新外国人サウスポー、ターリーが村上に2打席連続となるホームランを浴びて同点に追いつかれると、3番手の森浦も長岡に勝ち越しのタイムリーを許してしまいます。

2度のリードを守り切れなかったカープ、最後はヤクルトの盤石のリリーフ陣に抑えられ、連勝は4でストップです。