巨人に3連敗、そして3位転落という悪い流れがなかなか断ち切れなかったカープ。地元に帰ってDeNAを迎え撃つ。

スタメン
カープ       べイスターズ
1中 大盛     1右 楠本
2二 菊池涼    2中 大田
3左 西川     3左 佐野
4一 マクブルーム 4二 牧
5三 坂倉     5一 ソト
6捕 曾澤     6遊 大和
7右 末包     7三 倉本
8遊 小園     8捕 戸柱
9投 大瀬良    9投 ピープルズ

DeNAとの3連戦の初戦は、初回からエンジン全開。ランナーを1塁に置き、4番マクブルームが2球目のナックルカーブにきっちりアジャスト。左中間を割き、2試合連続の長打で先制点を挙げた。


ここを皮切りに、會澤・末包・小園が連打連打の猛攻で初回から4点のリードを奪う。


先発の大瀬良は、ここまで4試合連続のQS達成中。DeNA打線には打者ごとに配球を変える丁寧な投球で3回まで0を並べた。時折り首をかしげる場面も見られたが、4回には4番からの牧・ソト・大和を連続三振でねじ伏せる。

6回、この日初めての連打・デッドボールで満塁のピンチを背負うと、一発もあるDeNAソトが打席に。ただここをインハイのシュートで詰まらせ、ダブルプレーに打ち取り、ピンチを脱した。


初回以降も打線は輝きを見せる。今季初の8番に打順が下がってしまった小園は1打席目タイムリー、そして3打席目には内野安打を決め、マルチ安打を達成。さらに末包も2試合連続の猛打賞を獲得。

そして9回途中で失点してしまった大瀬良は惜しくも完投とはならなかったものの、5試合連続のQSを決めた。

残り2つのアウトは栗林が処理し、試合終了。連敗脱出でカード初戦を白星で飾った。