タクシー配車アプリの「DiDi(ディディ)」を悪用し無賃乗車をしたとして、16歳の少年が6日、詐欺の疑いで逮捕されました。逮捕されたのは浦添市に住む16歳の無職の少年です。


警察によりますと少年は去年5月、知人のスマートフォンでタクシー配車アプリの「DiDi」に登録してタクシーを手配し、ほかの少年ら3人とともに沖縄本島南部から中部にかけて、およそ6時間にわたり乗車したということです。

その運賃4万円あまりについて、残高が不足し支払いが出来ないことを認識していたにも関わらず、少年は「DiDi」と連携した決済アプリを使用して支払いをしたように見せかけ無賃乗車をした疑いが持たれています。
警察の調べに対し少年は容疑を認めているということです。


県内ではこのタクシー配車アプリ「DiDi」を悪用した無賃乗車が相次いでおり、去年6月「DiDi」側から警察へ相談があったことで今回の事件が発覚しました。警察は他にも同様の手口で無賃乗車が行われた可能性があるとして調べを進める方針です。

今回逮捕された少年は知人の弟名義のアカウントでタクシーを配車し、支払いは自身の決済アプリを使用しました。DiDiは料金が残高を上回った場合は、利用後に入金することで決済できる(後払いのような)仕組みがあり少年はこの仕組みを悪用したとみられています。

今回も4万円の支払いに対して残高不足の状態で手続きを行い、事後に入金することなく支払いを偽ったとされています。

DiDiは沖縄県内で同様の手口が相次いでいるとして警察に相談したところ、今回の事件が明らかになりました。
DiDiはこの決済システムを改修したとしています。