名護市田井等区のサガリバナが咲き始め、訪れる人たちを楽しませています。


名護市の文化財で「舞香花(もうかばな)」と呼ばれるサガリバナの木は夜になるとライトアップされ、幻想的に浮かび上がる白やピンク色の花々をミツバチが飛び交っています。

風に吹かれると独特の香りを漂わせるサガリバナ。夜になると近所の人たちが訪れて初夏の雰囲気を楽しんでいます。田井等のサガリバナはまだ咲き始めたばかりで、7月一杯は見頃が続くという事です。