先月24日、国頭村で29歳の男性が車にひかれて死亡したひき逃げ事件で逮捕された消防職員の男(41)が事件後、消防団員とともに現場にかけつけ、死亡した男性に心臓マッサージをしていたことがわかりました。

この事件は先月24日国頭村の県道で、29歳の男性が車にひかれて死亡したもので、ひき逃げと過失運転致死の疑いで国頭地区行政事務組合消防本部の職員の男が逮捕されていました。

警察は1日午後、消防職員の男の身柄を那覇地検名護支部に送りました。

捜査関係者や消防によりますと、男は自宅に戻ったあと事故にあった人がいるとの連絡を受けた消防団員とともに現場にかけつけ、死亡した男性に心臓マッサージをしていたことが新たに分かりました。

警察は男の認否を明らかにしていませんが、調べに対し男は事件が起きた時間帯に運転していたことを認めているということです。