県によりますと新たに感染が確認されたのは1709人で、先週の水曜日と比べて129人増え、5日連続で前の週の同じ曜日を上回りました。年代別でみると10代が最も多く356人、次いで10歳未満が308人などとなっています。

28日までの直近1週間の人口10万人当たりの新規感染者数は633・69人で全国平均のおよそ7.3倍となっています。



また28日に玉城知事の感染が判明したことを受け、27日の県議会一般質問に出席した県の幹部ら23人がPCR検査を受けた結果、29日に全員の陰性が確認されています。