ことし2月、名護市で当時3才の妹を自宅ベランダから投げ落とし殺害したとして逮捕・送検された10代の兄について那覇家庭裁判所沖縄支部は27日に医療少年院に送る保護処分を決定しました。


この事件はことし2月、名護市で当時3才の妹を6階の自宅ベランダから投げ落とし殺害したとして10代の兄が逮捕・送検されたものです。

検察は兄について刑事責任能力を問えるか判断するため鑑定留置したうえで今月3日、那覇家庭裁判所沖縄支部に送致していました。


送致を受け家庭裁判所は27日に少年審判を開き、兄を殺人の非行内容で第3種少年院、いわゆる医療少年院に送る保護処分を決めたということです。