去年10月沖縄市で同僚の男性の首を絞めるなどして死亡させたとして、傷害致死の罪に問われている男の裁判員裁判が27日開かれ、男は正当防衛を主張し起訴内容を否認しました。

この裁判は去年10月沖縄市に住む27歳の無職の男が、当時働いていた産業廃棄物の焼却施設内で、同僚の49歳の同僚の男性を引き倒したうえ背後から腕で首を絞めるなどの暴行を加え、死亡させたとして傷害致死の罪に問われているものです。

27日の初公判で、被告は暴行したことは認めたものの「正当防衛」だとして起訴内容を否認しました。

冒頭陳述で検察側は、被告が被害者の男性に業務上のミスを指摘したさいに口論となり、不必要で強度な暴行を相当時間に渡って被害者の男性に加えており、正当防衛の範囲を超えているなどと指摘しました。
一方、弁護側は被告も体格の大きい被害者の男性から首を絞められるなどの暴行を受けており、「殺される」と思い無我夢中だったとして「正当防衛は成立する」と主張しました。


裁判は来月4日に結審し、8日に判決が言い渡される予定です。