太平洋管内にあるアメリカ海兵隊基地を管轄する海兵隊太平洋基地司令官の交代式がキャンプフォスターで行われました。

海兵隊太平洋基地司令官は日本や韓国・ハワイなどにある海兵隊を統括していて、今月24日にキャンプフォスターで行われた交代式には、アメリカ軍や地元自治体の関係者らおよそ200人が出席しました。


今回新たに司令官に就任したのは、スティーブン・リズウスキー少将で、前任のウィリアム・バワーズ少将から指揮権が引き継がれました。

リズウスキー少将
「私たちにとって一番重要なことは抑止力を維持していくこと。そのためにはこの地で厳しい訓練をしていかなければならない。」


リズウスキー少将は中国や北朝鮮の情勢を踏まえた安全保障環境は「脅威を増している」との認識を示し、沖縄での訓練の意義を強調する一方で、県や地域の住人とコミュニケーションを図り良い関係を築きたいと述べました。