去年10月女性に性的暴行を加えようとし、けがをさせたとして強制性交等傷害の罪に問われているアメリカ海兵隊の男の初公判が23日に開かれ男は起訴内容を認めました。

この裁判は去年10月在沖アメリカ海兵隊上等兵の被告(22)が県内で面識のない女性に対し性的暴行を加えようとし、けがをさせたとして強制性交等傷害の罪に問われているものです。23日に那覇地裁で開かれた初公判でビゲイ被告は起訴内容を認めました。

検察は冒頭陳述で被告は犯行前、別の女性を狙い追いかけたが見失い、その後今回の事件の被害者に目をつけ犯行に及んだと説明しました。その上で抵抗する被害者に馬乗りになり顔面をなぐるなどしたとして被害者の肉体的・精神的苦痛が大きかったと指摘しました。


弁護側は被告が反省の態度を示していることなどを考慮して罪の重さを決めてほしいと主張しました。裁判はあす結審する予定で、判決は今月26日に言い渡される予定です。