オリオンビールは、循環型産業や低炭素社会の実現に向けて、沖縄電力と契約したことを22日発表しました。

オリオンビールが契約したのは、沖縄電力の「うちな〜CO2フリーメニュー」です。

これは、沖縄電力が、去年から法人向けに提供している電気料金サービスで、県産資源を活用した再生可能エネルギーで発電した価値を示す「非化石証書」を用いることで、電気のCO2排出量を実質ゼロにするものとなっています。

オリオンビールの名護工場では、このサービスを導入することで、2019年と比較して36%にあたる8200トンのCO2排出量の削減が見込まれています。

サービス開始から、これまでに沖縄セルラーなど県内でも数社が、沖縄電力と同様の契約を結んでいます。