自分たちの住む街を散策しながらゴミを拾い集めるクリーンウォークがうるま市で行われました。
この「新春クリーンウォーク」は自分たちの住む地域を清掃しながらその魅力を再認識して貰おうとうるま市の新赤道自治会が初めて企画したものです。
途中4か所の公園にはスタンプが配置され子どもたちは清掃活動と同時にスタンプラリーも楽しんでいました。
今回は家族連れらおよそ80人が参加し40分余りのクリーンウォークで10数袋分のゴミが集まり参加者を驚かせていました。
新赤道自治会ではこの様な催しを通して世代交流を図ると共に子ども達が地域を好きになってくれればと期待を寄せています。