大分県内は晴れ間が広がり、大分市で正午過ぎに最高気温35.4度を観測、西日本で今年初の猛暑日となりました。

23日の大分県内は高気圧に覆われて晴れとなり、暖かく湿った空気が流れ込んでいます。この影響で大分市では正午過ぎに最高気温35.4度を観測し、西日本で今年初の猛暑日となりました。

1887年の統計開始以来、6月としては1位を更新する記録的な暑さとなり、熱中症に警戒が必要です。