大分市のJR大分シティの温浴施設で基準値を超えるレジオネラ菌が検出され18日から営業を休止しています。

JR大分シティによりますと18日夕方、温浴施設「シティスパてんくう」の3つの浴槽で基準値を超えるレジオネラ菌が検出されたことがわかりました。

検出されたのは女性の内湯と露天、それに男性の内湯です。6月8日、水質の定期検査を実施したところいずれも基準値を上回り、女性の内湯では基準値の100倍でした。

これまでに利用者から健康被害は報告されていませんが、安全が確認されるまで温浴施設の営業を休止しています。

JR大分シティでは利用者に健康被害が出た場合は連絡するよう呼びかけています。