愛媛と大分を結ぶ宇和島運輸フェリーに新しい船が就航されることになり、19日別府市で見学会が開催されました。

愛媛県八幡浜と別府の間に就航する新しいフェリー、「れいめい丸」。別府市で19日記念セレモニーが行われました。一般見学会では300人を超える人が訪れ「和」のテイストを基調にした船内を見て回りました。船内にはキングサイズのベッドを備えた特等室のほか、1等室は窓から海を望めるプライベート空間が楽しめます。また2等客室は畳敷きとなっており参加者は快適な船旅に思いをはせている様子でした。

見学者「結構大きいと思った。愛媛に行きたいです」
   「すごく中がおしゃれで木もいっぱい使われていて寛げそうだと
    思いました。早速乗ってみたいです」

旅客定員586人、車両搭載160台の「れいめい丸」は今月23日から八幡浜・別府航路に就航します。