新型コロナウイルスについて大分県は今月14日新たに358人の感染を発表しました。前の週の同じ曜日を下回ったのは8日ぶりです。

感染が確認されたのは358人で10歳未満が89人など子どもを中心に若い世代の感染が目立っています。
居住地別では大分市が159人、次いで日田市が44人と姫島村を除く17の市と町で感染者が確認されています。また大分市内の高齢者施設で新たなクラスターが1件確認されています。

家族間での感染が多く県は家庭での健康観察の徹底を呼びかけています。