昭和電工ドーム大分に今月14日、大分トリニータのマスコット「ニータン」をモデルにしたペットボトルの回収機がお目見えしました。

この取り組みは環境保全を進める日本財団の「海と日本プロジェクト」の一環で実施されました。回収機にはペットボトル本体とラベル、それにふたを分別して収集できるようになっていて資源循環と海へのゴミの流出抑制を目指ていします。このペットボトルの回収機は今月18日に行われる大分トリニータホーム戦でも設置されマナー向上に一役買います。