世界的ファッションデザイナー、コシノジュンコさんの作品を紹介する展覧会で、来場者が1万人を突破しました。

大分県立美術館で開催中の企画展「コシノジュンコ原点から現点」。国際的に活躍するコシノさんの作品を紹介するもので、オープンから29日目の13日、来場者数が1万人を突破しました。節目の来場者となった別府市の柳沢美帆さんにはコシノさんからサイン入り図録や限定Tシャツが手渡されました。

(来場者1万人目・柳沢美帆さん)
「コシノさんは自分の世界を持っている方だなと前々から憧れていた方だったので、嬉しい気持ちです。ファッションショーをモチーフにして展示されているというのをきいていたので、そこが楽しみ」

コシノさんのアートワークと世界観が感じられるこの展覧会は今月29日まで開催されています。