九州北部地方では、15日夜から16日午前中にかけて、『線状降水帯』が発生して、大雨災害の危険度が急激に高まる可能性があります。長崎地方気象台は午前10時33分 に「大雨と落雷及び突風に関する長崎県気象情報」…