自分のお気に入りの本をいかに読みたいと思わせるかを競う「ビブリオバトル」の技術向上を目指す研修会が12日、長崎市で開かれました。

佐世保北高校・藤永龍人さん「1ページ目めくってみます。めくって読んでいくと『え?』ってなるんです。最後にこの辺で『え?』ってなって『お~』っと」

参加者がそれぞれおすすめの本を5分間でプレゼンし、観客らがその中から一番読みたい本を選ぶ「ビブリオバトル」


12日、長崎市で開かれた研修会にはビブリオバトルの技術向上を目指す県内の中高生など約30人が参加し、特別ルールとして3分間でプレゼンの表現力や構成力を競いました。

佐世保北高校・藤永龍人さん「本を紹介してるだけなのにその人がどんなことを考えているのかなとか人となりみたいなものがこんな感じかなって想像することができることがいいところ」


研修会の模様はNBCラジオで毎週金曜日午後9時15分から放送の番組「ラジオDEビブリオバトル」でも紹介されます。