43人が犠牲となった雲仙・普賢岳の大火砕流惨事から3日で31年です。被災地では朝から犠牲者を追悼する行事が行われています。雲仙・普賢岳はいま噴火の兆候は見られないものの、山頂の溶岩ドームは崩落の危険性が…