九州南部で予測されていた線状降水帯は発生しませんでしたが、引き続き、土砂災害などに注意が必要です。宮崎県内では、16日朝にかけて局地的に激しい雨が降り、降り始めからの総雨量は、えびの高原で308.5ミリ、…