九州南部は、16日朝、線状降水帯が発生する可能性は低くなりましたが、引き続き、土砂災害や河川の増水などに警戒が必要です。宮崎県内は、前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定に…