気象庁は、九州南部では、15日夜から16日午前中にかけて、線状降水帯が発生して大雨災害の危険度が急激に高まる可能性があると発表しました。また、宮崎県内の南部山沿いでは、15日朝早く、1時間に120ミリの猛烈な…