29日朝、石川県白山市で住宅の2階部分が焼ける火事がありました。けが人はいませんでした。

29日午前7時20分ごろ、白山市長竹町の住宅で「2階から火が出ている」と、この家に住む人から警察に通報がありました。

この火事で山口喜久次さん(71)の木造2階建て住宅の一部が焼け、火はおよそ1時間半後に消し止められました。

当時、住宅には山口さんの娘夫婦と孫3人の合わせて6人がいましたが、全員逃げ出して無事でした。

​火事の発生直後に近所に住む人が撮影した映像には、住宅から煙が上がる中、隣の住宅の家族が次々と避難する様子が映されていました。

山口さんは「ふだん使わない部屋から火が出た」と話していて、警察と消防は30日に実況見分を行い、火が出た原因を調べることにしています。