植生豊かな舳倉島は鳥たちには絶好の「休憩地」。


人気の夏鳥「キビタキ」。ちょうど今頃、日本全国に渡り
愛らしい姿とさえずりを聞かせてくれます。


東南アジアからやってきた「オオルリ」
オスの背中は鮮やかな瑠璃色です。


夏鳥「ノビタキ」。このあと北海道の草原や本州の高原で繁殖します。

貴重な「野鳥オールスターズ」

さてバードウォッチャーが狙っていたのは?
「ノゴマ」
北海道に飛来する夏鳥で、本州でみかけることは珍しいんです。


野鳥は数日から1週間程度、舳倉島に滞在しますが、その間はほとんど地上で
草の種や虫などを食べ、栄養を蓄えます。

旅の疲れもあってか警戒心が薄くなる鳥たち。
そこに近づく動物が!
島のネコ。
ネコが散歩中に見つけたのは「クロツグミ」です。

ネコの殺気を感じた「クロツグミ」何とか危険を回避できました。

ちょっと歩くだけでたくさんの野鳥と出会える舳倉島。
そこが愛好家の人気を呼んでいます。