「毎回ドキドキ感」利用者の9割が男性

現在、変身体験の利用者は男性が9割を占め、その多くがリピーターです。この日も大阪から常連客が訪れました。

常連客のえりさん「いま男性ですね。戸籍上は男性です。なんだろう…ワクワク感というか、ドキドキ感というか。それは毎回ありますね。」

えりさんは、体と心の性別が一致しないいわゆるトランスジェンダーです。プライベートではスカートも履くえりさん。以前から婚礼衣装への憧れがあったといいます。

Q.花嫁さんになってみたかった?
常連客のえりさん「あるでしょうね。私、やっぱり身長もあるし縦横両方大きいので、そこも大丈夫ですよというのが大きかったですね」

この日、用意されたのは色打ちかけの婚礼衣装。非日常感あふれる衣装の数々に思わず目移りします。

色鮮やかな和装

常連客のえりさん「きれい…へぇ。赤もよさげね。毎回見て思うこと、絶対悩むよ。」

料金は、メイクや撮影に専属のスタッフがついたドレス1着のプランで9万3500円からですが、多くの人が2着以上着られるプランを選ぶとのこと。1時間かけて丁寧にメイクを施したあと、えりさんが気に入った深紅の婚礼衣装に袖を通します。

1時間あまりかけてメイクと着付けが完了


ポイントは、袖につけられたレースの飾り。サイズが女性用のため袖が短かめになってもキュートに見える工夫です。

うれしそうなえりさん

とっておきの衣装で臨んだ写真撮影。うれしさは何度利用しても変わらないようです。

常連客のえりさん「恥ずかしいけども嬉しい…」
スタッフ「かわいい!」「かわいい!」
常連客のえりさん「これほんと、ちょっと私じゃない」

撮影後は、パソコンでデータを調整した写真が受け取れます。

笑い声があふれる写真スタジオ

常連客のえりさん「これを性癖ととらえる場合と、こういう世界もありなんじゃない?と捉える場合とかなり違う見え方が全然違ってくると思うんですよね。なんか特別な時の…自分にとってのご褒美。次に頑張るためのご褒美かな。」