JR北陸線は、記録的な大雨の影響で5日午後2時現在、全線で運転を見合わせています。JR西日本金沢支社によりますと、福井県内の複数の区間で水や土砂が線路に流入し、復旧のめどが立っていないということです。

JNNが5日、上空から撮影した映像では、福井県南越前町で線路が水に浸かり、流された車が線路上に取り残されている様子が確認できました。

今庄駅近くでは一帯が浸水し、線路上に車やがれきが取り残された=福井県南越前町、5日


JRは、福井県の武生駅と敦賀駅の間で、少なくとも6日まで終日運転を見合わせることを決めました。また北陸と大阪方面を結ぶ特急サンダーバードと、名古屋方面とを結ぶ特急しらさぎも運転を取りやめます。

一方、金沢駅から武生駅までの間と、滋賀県の近江塩津駅から福井県の敦賀駅までの間は、5日夕方から順次運転を再開することにしています。