高知県黒潮町の小学校で「命を守る」をテーマに授業参観が行われました。学校は安全への取り組みなどが評価され、「セーフティー・プロモーション・スクール」の認証を受けました。

授業参観が行われたのは黒潮町の南郷(なんごう)小学校です。学校ではこれまで生活安全・交通安全・災害安全の学習に力を入れて取り組んできました。児童たちはそれぞれの学年で交通事故に遭わないための注意点や、地震や大雨などの時にどのような行動を取るべきかなどを学びました。また、全体会では1、2年生が校内や学校周辺の道路などで気をつけなければならない危険な場所などを発表しました。学校は3つの安全への取り組みや地域の子どもの見守り活動などが評価され、「セーフティー・プロモーション・スクール」=SPS(エス・ピー・エス)の認証を受けました。

県内3校目で、南郷小学校は引き続き、安全教育に取り組んでいくとしています。