23日、高知市に新しい温浴施設がオープンします。『大正ロマン風』のレトロな雰囲気が漂い、心も体も癒やされる空間となっています。三上アナウンサーがひと足先に堪能してきました。

4月23日(土)、大津バイパスの南側・高知市海老の丸に新たにオープンするのが、「土佐望月温泉 姫若子の湯」です!

中に入ると…レトロな雰囲気が漂います。

コンセプトは、「大正ロマン」!オリジナルの館内着や巾着、ゲタなどのレンタルも大人用から子ども用まで豊富なカラーがそろい、自分好みにコーディネートすることができます。

最大の魅力は、県内最大級の露天風呂!季節ごとに違った湯を楽しめる『薬湯』や、ひとりでくつろげる『壺湯』など、源泉の天然温泉を堪能できます。土佐の月を眺めながら1日の疲れを癒やすのがおすすめです。

このほか、汗をかくことで体の中をきれいにするデトックス効果が期待できる『岩盤浴』や、最近ブームのサウナ活動=『サ活』ができる設備も充実しています。

「こちらには、まんがコーナーがあるんです。見渡す限りマンガがぎっしり!8000冊もあるんですよ。クッションでゆったりマンガを読みふける時間、最高に贅沢です。ずっといられそう…」(三上萌々アナウンサー)

女性専用のコーナーでは『SNS映え』する写真を撮ることもできます。

レトロな空間で身も心もゆったりと。レストランでは高知の食材をふんだんに使ったグルメを堪能できます!

「ボリュームがすごい!色とりどりで春を感じます。ウツボのタタキをいただきます。衣がサクサクなんですけど、中のウツボの身がふわっふわで塩加減も最高ですおいしい!」(三上萌々アナウンサー)

いの町本川の『キジ』の出汁とつみれを使ったラーメンや、ほてった身体をクールダウンできる、野菜やフルーツたっぷりのスムージーなどもあります。

施設を運営するセントラル・グループは、大人から子どもまで幅広い世代が気軽に立ち寄り、羽をのばせる空間を目指しています。

「(コロナ禍で)なかなか遠出はできないので、近場なのでお気軽にお越しいただいてゆっくりしてもらえたら。日頃の疲れを癒やして明日への活力になってもらえたらと思う」(土佐望月温泉姫若子の湯 谷本大吉 総支配人)

温泉にリラクゼーション、グルメなど、『大正ロマン』の世界で心も身体も癒されてみてはいかがでしょうか?