桜の後に訪れる日常 富岡町・夜ノ森駅を定点観測 訪れた人たちの人間模様(福島県)

桜の季節が終わり静かな日常が戻ったJR夜ノ森駅。
「前のように人がたくさんいる駅がいい」と話す高校生。
富岡町・夜の森地区は福島県内でも有数の桜の名所として知られる。
「植物の生育を調べるために富岡町に来た」と話す大学院生の渡部さん。
夜ノ森駅の存在は「すごくありがたい」と話す渡部さん。
夜ノ森駅周辺のようす。復興拠点の準備宿泊は7世帯にとどまる。
夜ノ森駅のホームで熱心に撮影をする男性。
おととし全線再開したJR常磐線。
笑顔で取材に応じる泉さん。20年以上前から病気と戦っている。
夜の森地区周辺。この日は雨が降っていた。
夜ノ森駅は無人駅で運営されている。
駅舎からツツジを眺める夫婦。夜ノ森駅は「思い出の場所」。
夕方になると高校生の姿も見られるようになった。
「たくさん人が来てほしい」と話す林さん。
日が暮れた夜ノ森駅。
桜の季節が終わり静かな日常が戻ったJR夜ノ森駅。
「前のように人がたくさんいる駅がいい」と話す高校生。
富岡町・夜の森地区は福島県内でも有数の桜の名所として知られる。
おととしリニューアルされた夜ノ森駅。
「植物の生育を調べるために富岡町に来た」と話す大学院生の渡部さん。
夜ノ森駅の存在は「すごくありがたい」と話す渡部さん。
おととし全線再開したJR常磐線。
夜の森地区周辺。この日は雨が降っていた。
夜ノ森駅周辺のようす。復興拠点の準備宿泊は7世帯にとどまる。
夜ノ森駅のホームで熱心に撮影をする泉さん。
笑顔で取材に応じる泉さん。20年以上前から病気と戦っている。
夜ノ森駅は無人駅。行き交う人もまばら。
駅舎からツツジを眺める夫婦。桜の後はツツジが見頃となる。
茨城から来たという夫婦。夜ノ森駅は「思い出の場所」
夕方になると高校生の姿も見られるようになった。
「たくさん人が来てほしい」と話す林さん。
夜の常磐線。最終電車は午後9時ごろ。
日が暮れた夜ノ森駅。
写真の記事を読む

一緒に読まれている記事

カテゴリ