変わりゆく福島駅前の中に置かれたピアノ 行き交う人たちが演奏する理由

JR福島駅東口の地下通路にある「福のピアノ」
ピアノを設置した実行委員会の齋藤正臣さん。
福島駅前に置かれた古関裕而の像。街づくりでも大切なシンボルになっている。
「音がいっぱい出るところが楽しい」と話す男の子。
今後の目標は「ドラマの曲を弾いてみたい」と話す男の子。
「老後の楽しみ」と話す男性。音楽教師だった。
「水車小屋の娘」にまつわる淡い思い出を語る男性。
路面電車が走っていたころの福島市内。(県北建設事務所提供)
ストリートピアノを弾く女性。演奏するのには理由が…。
発表会に向け「度胸試し」で演奏したという女性。ピアノは大切な存在だ。
きょうも誰かが音を奏でているストリートピアノ。
定点カメラを設置する伊藤大貴記者。
福島駅前の置かれたストリートピアノ。誰でも演奏することができる。
毎日ストリートピアノの前を多くの人が行き交う。
ピアノを設置した実行委員会の齋藤正臣さん。
再開発が進む福島駅前では古関裕而が大切なシンボルとなっている。
「音がいっぱい出るところが楽しい」と話す男の子。
男の子の次の目標は「ドラマの曲を弾くこと」
ピアノは「老後の楽しみ」と話す男性。音楽教師だった。
「水車小屋の娘」にまつわる淡い思い出を語る男性。
路面電車が走っていたころの福島市内。(県北建設事務所提供)
おととし、福島駅前では老舗百貨店「中合」が閉店した。
様々な人が曲を奏でる福島駅前のストリートピアノ。
ストリートピアノを弾く女性。演奏するのには理由が…。
発表会に向けた「度胸試し」と話す女性。ピアノは生活の中でも大切な存在。
きょうも誰かが音を奏でているストリートピアノ。
写真の記事を読む

一緒に読まれている記事

注目の記事

カテゴリ