「子どもたち見て涙が止まらない」中山間地域のおばあちゃん50人が”お節介野菜”で…

カット野菜に貼られていくのは
子どもに寄り添うおばあちゃん ウクライナカラーです
1円でも多く現地へ その思いとは
立ち上がったのは中山間地域のおばあちゃん50人
規格外の野菜を加工・販売して寄付金に充てます
戦死した父の顔も知らない…そんな幼いころの辛い経験がよみがえる
ウクライナの子どもたちがつらい経験を…(画像提供:AMDA)
子どもたちを見て 自分たちと重ね合わせて涙が止まらない
もともとは地元の子育て世代のためにと始めた「お節介野菜」
「一日でも早く平和に…」今度は国境を越えたお節介を
写真の記事を読む

一緒に読まれている記事

カテゴリ