子ネコの命・・・ミルクボランティアが支えた。

木箱に捨てられた状態で保護された
鹿児島市 動物愛護管理センター
ミルクボランティアが引き取った子ネコ
鹿児島市からボランティアに支給されるミルク
デリケートな子ネコ ミルクボランティアの存在が欠かせない
鹿児島市職員「ボランティアが集まるか…心配から始まったけど」
譲渡会 犬猫と共生できる社会を目指す会鹿児島は、23年間で4,300匹の里親を見つけた
「せめて自分たちが飼うネコは、最期までみてあげたい」
犬猫と共生できる社会をめざす会鹿児島 杉木和子理事長
譲渡会 人に慣れていて以前は飼いネコだったとみられる
譲渡会でのネコ
譲渡会でのネコ
捨て猫の里親探しのボランティア 溝口和代さん
鹿児島市の担当者
収容されたネコの多くは幼齢個体=子ネコ
保健所が引き取ったネコの大半は「所有者不明」 その多くは子ネコ
写真の記事を読む

一緒に読まれている記事

注目の記事

カテゴリ