【特集】“凧”の周りにあふれる子どもたちの笑顔 「連凧」に思いを乗せる70歳の男性

青空に連なる連凧
連凧を操るのは、島根県在住の尾崎利文さん(70)
下津井の子どもたちも、たこ糸を操って連凧あげに挑戦
手にしているのは「タコ」の「凧」
下津井特産の「タコ」のレジ袋が「凧」になりました
大好きな中村美律子さんの演歌が下津井との出会い
下津井の人たちとの出会いをきっかけに、たびたび訪問
「行こうか!」手にしたのは青色の連凧
「ウクライナに平和を」と 願いを込めました
消防署時代、火災予防運動の啓発で作ったのがきっかけ
凧を見上げれば 目に映るのは無限に広がる青い空
決していい時ばかりではない
凧があがれば そこには子どもたちの笑顔が
みなの思いを乗せ 凧は空高く舞い上がる
写真の記事を読む

一緒に読まれている記事

カテゴリ