「生きるか死ぬかでないと救助は出せません」修羅場と化した119番通報の現場

長崎大水害(1982年7月23日)
当時、救助要請をしたクリーニング店
当日夜、出動したのは消防署職員440人、消防団員の総数は 1800人に達した
写真の記事を読む

一緒に読まれている記事

カテゴリ