口論の末、父親の顔を蹴った疑いで息子を逮捕。父親はその後死亡しました。

警察によりますと、6月30日午後10時半ごろ、愛知県扶桑町高雄の住宅で、「父親と口論になり、あごを蹴った」と息子から119番通報がありました。


救急隊が、口から血を流していた男性を見つけ、病院に搬送しましたが、男性はその後、死亡しました。

死亡したのは森谷孝幸さん(50)で、下あごの骨が折れていました。

警察は息子の森谷匠容疑者(24)を、傷害の疑いで逮捕。調べに対し、容疑を認めているということです。

森谷容疑者は孝幸さんと2人暮らしで、警察は容疑を傷害致死に切り替えて動機などを調べる方針です。