子どもの人格を否定する発言や、規定より少ない保育士で保育を行うなど、全国的に相次いでいる「不適切保育」。

一方で保育士自身も、世間からの厳しい評価、人手不足、賃金の低さなど、見合わない待遇に割り切れない思いを抱えています。

今、保育の現場で何が起きているのでしょうか?保育士の生の声を取材しました。

目が離せない子ども、手が空いたら事務作業…息つく暇もない日々

愛知県名古屋市瑞穂区の「こすもす保育園」には、0歳から5歳まで115人が通っています。

1歳児クラスの「えんどう組」では、保育が始まって30分もすると、おもちゃを取り合って園児が泣き出してしまいました。泣いている園児をあやしながらほかの子の見守り。

ようやく泣き止んだかと思えば、その10分後にはまた泣き出してしまいます。おむつ替えも一日10回ほどあり、息つく暇もありません。

えんどう組の担当、保育士の上村幸那さんは…。

(こすもす保育園・上村幸那さん)
「きょうは登園が少ない。これから増えるかなと思う。大体この時間には10人くらいになるので、調整しながらやったり、(外に)来たい子は誘ったりしている」

一方、3歳児クラス「にんじん組」では、23人の園児を3人の保育士でみています。

子どもたちだけで遊べるようになるため、1歳児に比べれば手はかかりませんが、走り回ったり、高いところによじ登ったりするようになるため、けがしないよう常に目を配らなければなりません。

お昼ご飯の時間は、子どもたちに食事の楽しさを教えつつ、のどに詰まらせたりしないか、注意します。

こうして、1人でも大変な乳幼児の面倒を一度に大勢みながら、手が空いたら保護者への連絡帳、業務日誌など多くの事務作業も求められる毎日です。

(こすもす保育園・上村幸那さん)
「楽しいし、毎年違う子どもたちと出会えるのはなかなかない。保育士ならではの出会い」

(こすもす保育園・牧野舞さん)
「夢だった保育士なので大変なこともあるが、いつも子どもたちとたくさん笑って幸せに働いている」