スーパーマーケットで販売する総菜などの商品化に向けて三重県の高校生が
考案したメニューが披露されました。

マックスバリュ東海はバランスの良い食生活をサポートするための取り組みとして、大学生や高校生とともに弁当や総菜などの開発を行っています。

23日は商品開発の担当者らが、伊勢市の宇治山田商業高校を訪れ、地元の食材を使った総菜などの提案を受けた生徒から、カツオを使った竜田揚げや伊勢茶が入ったサンドイッチのレシピが披露されました。


(カツオの竜田揚げを考えた生徒)
「伊勢志摩の特産品としてカツオを使うことで地域の貢献にもつながるし、
 たくさんの人に購入してもらいたい」

(マックスバリュ東海 商品本部 池内耕太さん)
「これだけの提案をいただくのは本当に驚いていて非常に感動している」

これらの商品は改良を重ね、早ければ来年1月以降に三重県内のマックスバリュなどで販売される予定です。