厚生労働省が発表している「10万人あたりの新型コロナウイルスの新規陽性者」のデータについて、ワクチンを打った人の一部を「未接種扱い」にしていたことが問題になっています。

指摘を受けて、厚生労働省はデータを修正し、厚生労働大臣が陳謝するなど波紋が広がっていますが、政府内でも「データ修正」の解釈について食い違いが生じています。

いったい何が起きているのでしょうか?

接種日を覚えていないと…「打っていない」に分類していた?

医療機関で感染者が見つかった場合、オンラインで国に詳細なデータを送ることになっています。

その一つが「ワクチンの接種歴」

「打ったか」「打っていないか」「打ったならいつ打ったのか」を調べることになっていますが、名古屋市のクリニックでは、打った日付についてはおよそ半分の人が覚えていないと言います。

国に送るワクチンデータ

(細川外科クリニック・細川秀一院長)
「(4月の陽性者30人のうち)15人は打ったと言っているが、日付がわからない人だった」

細川外科クリニック・細川秀一院長

厚労省が感染者のワクチン接種歴を調べる目的は、ワクチンを打っていても感染する、いわゆる「ブレイクスルー感染」がどのくらいあるのかの実態調査です。

10万人あたりの新規陽性者数を、ワクチンを打ったか打たないかで分けて公表しています。

4月4日から4月10日までを見てみると、「10万人あたりの新規陽性者数」は、ワクチンを打っていない人の方が多くなっています。

修正前のグラフ

ところが、このデータの扱いに根本的な問題があったのです。

指摘を受けて…グラフの形が大きく変わった

最初にこの問題を指摘した名古屋大学の小島勢二名誉教授です。

(名古屋大学・小島勢二名誉教授)
「接種したかどうかデータが不十分な場合に関しては、厚労省は未接種者として分類して計算していた」

名古屋大学・小島勢二名誉教授

厚労省はワクチンの接種日が分からない場合、すべてを「未接種」、つまりワクチンを打っていない方に分類していました。

指摘を受けた厚労省は4月11日の週から、接種日が分からないケースを「接種歴不明」に分類するよう変更しました。

その結果、グラフの形は大きく変わったのです。