今回の選挙では、物価高への対策やロシアによるウクライナ侵攻を踏まえた安全保障政策、それに政府のこれまでのコロナ対策などが争点となります。東海3県では合わせて26人が立候補する見通しで、7月10日の投票日…