当時15歳の女子中学生に現金を渡して、みだらな行為をしたとして、小学校教諭が逮捕されました。

逮捕されたのは、岐阜県郡上市立川合小学校の教諭 酒井涼至容疑者(26)です。



警察によりますと酒井容疑者は去年7月、当時15歳の女子中学生に現金を渡し、岐阜市内のホテルでみだらな行為をした児童買春の疑いがもたれています。

少女の母親から警察に相談があり、事件が発覚しました。

警察の調べに対し、酒井容疑者は「覚えていません」と容疑を否認しています。

酒井容疑者は、ツイッターのダイレクトメッセージを通じて、少女と知り合っていたということです。

警察は、酒井容疑者のスマートフォンなどを押収していて、複数の余罪があるとみて捜査しています。