ウクライナからの避難民が母国語で交流する「つどいの場」が名古屋で開かれ、避難民34人とその家族ら合わせて58人が参加しました。少しでも日本の生活になじめるようにと「就職支援」や「日本語教室」などの説明が…