愛知県豊田市の香嵐渓(こうらんけい)で、不特定多数の人が見られる状態で全裸になるなどした疑いで愛知県警に逮捕されたカップルについて、名古屋地検岡崎支部は、公然わいせつの罪で起訴しました。


起訴されたのは、名古屋市北区の飲食店経営・吉野隆賢被告38歳と、交際相手で同じ飲食店の従業員・山本結菜被告23歳です。


起訴状などによりますと、2人は去年11月24日ごろ、愛知県豊田市の香嵐渓で、不特定多数の人が認識し得る状態で全裸になるなどした公然わいせつの罪に問われています。
名古屋地検岡崎支部は、2人の認否を明らかにしていません。


ことし1月、「香嵐渓で性的な行為をしている動画がインターネットで配信されている」と、動画配信サイトを見た男性から警察に通報があり、事件が発覚しました。

警察の調べに対して、吉野被告は「収益を得る動画撮影のためで、一年間で3000万円ぐらいの収益があった」と話していました。