女性のスカートの中を盗撮したとして、7月に逮捕された小学校教諭の男が、1月頃にも女性の裸をスマホで盗撮していたとして再逮捕されました。
松江警察署が押収した盗撮用の機材を公開しました。


入江直樹 記者
「逮捕容疑の2件で使われたのはこちらのスマートフォンですが、ほかにも男の自宅からは様々な盗撮用品が見付かりました」

児童ポルノ禁止法違反の容疑で再逮捕されたのは、島根県松江市に住む小学校教諭の男(30)です。

調べによりますと、男は今年1月頃、島根県東部で、女性(10代)の裸体をスマートフォンで盗撮し、児童ポルノを製造した疑いが持たれています。

島根県迷惑行為防止条例違反容疑の捜査で松江警察署が男の自宅から押収した複数の撮影機器を調べたところ、動画が見付かり、県内に住む10代の女性を盗撮したものと分かったことから、再逮捕したということです。

松江警察署が、男の自宅から押収した盗撮用品を公開しました。


入江直樹 記者
「一見、携帯電話の充電器に見えますが、真ん中にあるのがレンズ。そして後ろを返すとSDカードが入っているようです」

コンセントに差し込むことで、録画が始まるとみられます。

さらに、ボールペンのようなものは…

入江直樹 記者
「一見、ペンのようですが、この青い部分がレンズです。この状態で胸に刺さっていたら分からないですね」


松江警察署生活安全課 世良匡司 課長
「非常に小さく、ペン形等もありますので、なかなか見つかりにくいものだなという。こういったものが世の中に流通しているんだということで社会的な警鐘の一つになれば」

男は「間違いありません」と容疑を認め、ほかにも「撮影機器で盗撮したことがある」と話しているということで、警察ではさらに余罪があるものとみて調べています。