20日午前、新潟県長岡市の古紙の回収を行っている会社の倉庫で54歳の男性が重さ約1トンの古紙の下敷きとなり死亡する事故がありました。

20日午前11時半過ぎ長岡市片田町の古紙のリサイクル業者北越紙源の倉庫で「人が古紙の下敷きになっている」と、この会社の従業員から119番通報がありました。

下敷きになっていたのは長岡市村松町の会社員高橋仁さん(54)です。
高橋さんは病院に運ばれましたが午後1時過ぎ、死亡が確認されました。

長岡署によりますと、古紙は1トンほどのかたまりにしてワイヤーでくくって
倉庫に積んで管理しているということです。

高橋さんは普段から倉庫内でフォークリフトを使って古紙のかたまりを積み上げる作業をしていたということです。

事故発生時、目撃者はおらず警察では積んであった古紙がなぜ落下したのか事故の原因を調べています。