青森県鯵ヶ沢町の小中学校で23日、地元産の食材をふんだんに取り入れた給食が提供され、子どもたちがふるさとの食の豊かさなどについて学びました。

青森県鯵ヶ沢町では町の特産品や食材をふんだんに使った「ふるさと産品(さんぴん)給食」の日を設け、毎年町内の小中学校に提供しています。23日は平田衛町長が西海小学校(さいかいしょうがっこう)を訪れ、鯵ヶ沢町にある長谷川自然牧場の豚肉と地元産のアスパラガスのオイスターソース炒めなど、メニューすべてが青森県産食材の給食を楽しみました。

※児童は
「おいしくて心に残る味でした」「シャキシャキしていたり肉がやわらかくておいしかった」

鰺ヶ沢町では地元食材を使った給食を今年度4回提供する予定で、食を通して子どもたちに地産地消や地場産品についての理解を深めてもらいたいとしています。