17日早朝、五所川原市でクマ1頭が目撃され、その後、猟友会が駆除しました。けが人はいませんでしたが、駆除する際、すぐそばを通る自動車専用道路が一時、通行止めとなりました。

体長約1.1メートルのオスのツキノワグマです。きょう正午前、五所川原市太刀打(たちうち)の自動車専用道路、津軽道の法面(のりめん)で猟友会が駆除しました。

※近くの人
「津軽道の上から撃っていた通行止めをかけて2回ぐらい聞こえた。パンってあ、撃ったなと思って」

警察などによりますと、17日午前4時半頃、近くの住民からクマの目撃情報があり、警戒が続いていました。

※小野寺紀帆アナウンサー
「クマが出た現場です周りには住宅が並んでいて近くには小学校もあります」

※五所川原市教育委員会 矢古宇崇光指導主事
「朝4時半ぐらいにクマが出たということで教育委員会に8時半ごろ連絡がありました関係する学校には電話連絡して学校から家庭に注意喚起メールしました」

その後、市の職員がクマを見つけ、猟友会が正午前、津軽道の法面に追い詰めて駆除したということです。この影響で津軽道は一時、通行止めとなりました。けが人や食害はなかったということです。ことし五所川原市で確認されたクマの目撃情報は去年の同じ時期を大幅に上回っていて、市では注意を呼びかけています。