17日早く青森市で、住宅や物置小屋など計4棟を焼く火事があり、火元の家に住む男性1人が軽いやけどを負いました。

17日午前4時半ごろ、青森市富田(とみた)1丁目の無職、川村純(かわむら・じゅん)さんの家から火が出て、近くの住民から消防に通報がありました。消防車両15台が出動して火は約5時間後に消し止められましたが、川村さんの木造2階建ての住宅と、同じ敷地内にある物置小屋、さらに南側に隣接する住宅の計3棟が全焼したほか、北側に隣接する住宅の壁などが焼けました。
この火事で川村さんは顔などに軽いやけどを負ったということです。現場は青森駅から西に1キロほどの住宅街で、早朝の火災に周辺は一時、騒然としました。警察と消防で火が出た原因を詳しく調べています。